2019年05月21日

令和元年


6354E011-9AC9-43BB-B209-FC21E0B9B6BE.jpg

令和元年を実感することは、あまりないのですが、発見❗️

家人が令和元年5月に入院。
こりゃあ貴重な写真だわ❤️



4F1C3D9C-6F84-4473-87B8-41DF42607FF6.jpg

パソコンやら、色々持ち込んでましたが、
まもなく退院です。

一人暮らしの人って、入院中のお洗濯どうしてるんだろ?

タオルやパンツや、毎日普通に洗濯物あるから、結構忙しい日々でした。


posted by hana at 21:29| Comment(0) | ことば | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

弱い子、強い子

子どもの頃、体が弱かった。
アレルギー体質だし、原因不明での入院も。

D59067AC-269F-4CAD-A939-02A709A0CEB1.jpg

でも、精神の強い子だったんだと思う。

親の仕事の関係で転校が多く、幼稚園3つ、小学校5つ、中学校2つ。

転校の度、いじめられないように神経を張り詰めていた。
転校生がきたという周りの興味に、前の土地の話をしたりとそれなりの対応をし、勉強も落ちこぼれない程度に中の上くらいを保っていた。

クラスに慣れてホッとした頃、必ず高熱を出し、3、4日休んだ。
1か月の頑張りと我慢の限界が、発熱という形で現れていたと思う。

D865798D-252D-4814-96F1-CDDAC2BC88EE.jpg

でも、クラスに慣れて友人も出来た後だから、休んでも問題がなかった。

大人になって転校は無くなったけど、
舞台の稽古と本番中は全く元気なのに、終わった途端に高熱が出る。

本番中に熱が出ないから、私って強い子なのかも😄

244A79F8-C297-4F18-8282-DC190573B155.jpg

今回も、インフルエンザの反応は出ず、扁桃腺が腫れての高熱。
生まれてこのかた、インフルエンザにかかったことがないのも不思議な体質。

やっぱり強い子かも😊

posted by hana at 13:08| Comment(2) | ことば | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

明日から新年

立春の前日。
大寒最後の日です。

明日からは寒が明けて、新年です。

今日までの悪いことは、全てリセットされます🍀

大切な日なので、ちゃんと豆まきしました。

25B28B7C-1366-4363-814A-E47D767D6FF9.jpg

皆んなの厄も追い払いました💓

でも、北海道仕様で殻付き落花生です
posted by hana at 20:02| Comment(0) | ことば | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

ホルモンバランスと舞台と日常と

女の人には子宮があり、子どもを産む為に毎月フカフカのベッドを用意します。
ベッドを作る為にホルモンを出し、立派なベッドが出来上がります。

24AFF604-B00E-4EB4-AFED-522884D903FF.jpg

でも赤ちゃんがベッドに来ないと、またホルモンを出し、ベッドは体の外へと流されます。

そんな部屋の隅に、小さなゴミが溜まります。
生ゴミじゃないから放っておいても害にはなりません。(生ゴミだと癌になっちゃう)

ただし、このゴミは赤ちゃんのベッドを作る度に増えて大きくなります。
毎月、毎月、少しずつゴミが溜まります。

そのうち、ゴミが溜まり過ぎて、お部屋がミチミチになり、苦しいし、痛いし、大変な事になります。

さて、どうしましょう?

1、ゴミを掃除する。
2、赤ちゃんのお部屋ごと無くしてしまう。
3、フカフカのベッドを作れないように、ホルモンを止めてしまう。
4、放置

1は私、以前にやりました。
腹腔鏡手術ってやつ。
でもゴミはまた溜まりますねー

2は開腹手術が怖い

3  薬でホルモンを止める方法があるそうです❗️

んー3かな!?
と思います。
年齢的には自動でベッドを作らない時期に入っているのですが、完全にベッド作りをやめるにはもう少しかかりそう。
しかし…薬で止めようが、自動で止まろうが、ベッドを作らないエネルギーが副作用という名のホットフラッシュやイライラや鬱となってやってくるらしい💦

しかも自然にベッドを作るのをやめた場合の不調はホルモンを投与してバランスを取れるけど、薬でホルモン止めてるから、副作用の為にホルモン投与じゃ意味ない。

ムムム…

4で耐えられるといいけど、かなり辛いぞ。

2か?

posted by hana at 08:54| Comment(0) | ことば | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

浮世絵

参加させていただくプロジェクトの事前勉強で、お勧めされ読んだ本。

45A0647F-AD8F-4C7A-9839-195A13A14D68.jpg

幕末の浮世絵絵師のお話。
実在する絵師が登場するから、面白い💓

一枚二十文そこそこ。…中略…二八の十六文のかけ蕎麦一杯に色をつけたぐらいで手に入る。…中略…大方の者が、障子や襖の破れ目に、衝立のぼろ隠しにしなが、楽しむ。新しい物を求めたら、その上に貼り付ける。

そんな江戸の庶民がブロマイドとして、菓子の袋の柄や双六の絵として、楽しんだ浮世絵。

そういえば、我が家にも❗️

暦ですよ。カレンダー💕

まるでそこに当たり前にあったから、江戸庶民のように、有り難みを忘れてました💦

小説に出てきた八十八(国周)の描いた田之助が今月たぁ、偶然にも程がある。

FC7A0B39-BEFE-49BB-88A7-2E5A85A526C5.jpg


一つ前は国芳

65367EF3-D766-44A4-BAD3-DAA13D9DB716.jpg

おどろおどろしい。

さらに前は国貞。

9E3AFC11-0BE6-48B4-95C2-3F03671C8D10.jpg

着物の柄合わせ、背景とのバランス。
小説を読んだ後だと、見惚れるねぇ😆


当たり前に身の回りにあると、見えなくなってしまう。
もっと勉強しなきゃねぇ🍀
posted by hana at 15:49| Comment(0) | ことば | 更新情報をチェックする