2019年05月19日

『天才バカボンのパパなのだ』を見た


B1A42EED-32FB-4043-823A-DEF2306CAFD3.jpg

DB3FC7B8-025E-4A28-A77F-A8BEBF3A0A73.jpg

亀井さんの新しいユニット見てきました。

別役実の作品なので、ストーリーではなくお互いの関連性で進んでいく上、赤塚不二夫のナンセンスとぶっ飛びがベースなので、何も考えずに楽しみます。

4A6DD05E-CF17-4C6F-BB40-49C107F472C3.jpg

パパも、ママも、バカボンも、
レレレも、署長も、
他のみんなも狂ってる。

けど話の論点がズレていって、
結局なんじゃこりゃって場所に落ち着くのって、
会社の会議でもあるよねー。

この芝居、役者がまじめにやってるから面白い。
ウケようとしないで、ひたすら真面目にパパやママとして存在してるから笑える。

B894F166-999D-472E-8C67-67F9CDC0BAA8.jpg

カエルの帯留と、バカボンカラーを意識した着物で行きました。





posted by hana at 10:45| Comment(0) | 舞台 | 更新情報をチェックする